健康食品・健康・関連書籍に関する商品を紹介しています

健康的な美肌をつくる食事!肌にいい栄養と控えたい食べ物!(その1)

  • 2019年10月17日
  • 2020年2月12日
  • 健康
  • 1件

美肌をつくる食事とは! 肌にいい栄養と控えたい食べ物とは!

美肌作りには毎日のスキンケアが欠かせません。

しかし毎日ケアをしているのに肌トラブルが解消しない時もありますね。

そんな時は内側からの対策が必要です。

そこで今回は肌のトラブルを解消し、美肌を作るための食事について調査した結果を紹介します。

 

肌トラブル別 美肌に効果的食材

乾燥肌

肌の乾燥は、ターンオーバーによって表面に押し出された角化細胞が垢として自然に剥がれ落ちずに残ってしまうことで起こります。

肌が正常にターンオーバーをするのに欠かせない栄養素がビタミンAです。

また若返りビタミンと言われるビタミンEも乾燥肌の予防に欠かせません。

ビタミンEは血行促進や肌のバリア機能を強化する働きがあるため、乾燥肌だけでなく美肌作りに必須のビタミンです。

アーモンドなどのナッツ類に多く含まれているため、肌の調子が気になる時は間食をナッツ類に変えるといいですね。

シワ、たるみ

シワやたるみのトラブルにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが欠かせません。

ビタミンAはターンオーバーを活発にし、肌細胞の生まれ変わりを促進します。

またビタミンCはコラーゲンの生成を助けることで肌の弾力を生み出してくれます。

ニキビ

ニキビができない肌を作るには肌のターンオーバーを促すことと、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えることがポイントです。

そのために欠かせない栄養素が、肌のターンオーバーを促進するビタミンAと皮脂の分泌を抑制してくれるビタミンB群です。

ビタミンB群のビタミンB2は卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類などに多く含まれ、ビタミンB6はまぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなどに多く含まれています。

くすみ

肌のくすみの原因は、紫外線を浴びることによるメラニンの蓄積や普段のお手入れ不足による汚れの蓄積、加齢による肌の再生能力の低下です。

透明感のある肌になるためにはビタミンCとビタミンEが欠かせません。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えます。またビタミンEは肌に溜まった老廃物をクリアにし、角質の硬化を防ぐため肌のターンオーバーを促進してくれます。

美白やシミ

美白のために欠かせない代表的な栄養素はビタミンCです。

ビタミンCにはシミやそばかすを作るメラニンのもとであるチロシナーゼの働きを阻害してくれます。

それ以外では、こんにゃく芋や大豆、小麦などに含まれるセラミドは肌を紫外線や雑菌などの外部刺激から守るためメラニンの生成を抑えてくれます。

美白に欠かせない栄養素はリコピン、L-システイン、ビタミンE、β-カロチン、エラグ酸などが挙げられます。

シミは、肌が紫外線によるダメージを受けた時に肌を保護しようとして皮膚に生成されるメラニンがもとになっています。

通常メラニンはターンオーバーによって垢と一緒に剥がれ落ちていきますが、日焼けなどにより過剰に作られたメラニンは排出されることなく表皮内に留まります。

つまりこの時、排出されずに表皮内に留まってしまったメラニンがシミです。そのためシミを防ぐには、ターンオーバーを促すためのビタミンAが必須なのです。

毛穴のトラブル

毛穴のトラブルには、タンパク質と脂質の代謝を助けて肌の潤いを保つビタミンB6と、タンパク質、脂質、糖質の代謝を助けて肌代謝を促すビタミンB2が欠かせません。

目の下のクマ

目の下にできる茶グマはメラニン色素が定着してしまうことが原因です。

そのため茶グマの予防にはメラニン色素の生成を抑えるビタミンCが欠かせません。

また青グマの場合は血行不良が原因のため、血行促進をサポートし肌代謝を活発にしてくれるビタミンEや、血液をサラサラに保ち、血行をサポートするDHAを摂るといいでしょう。

美肌作りに欠かせない栄養

タンパク質

タンパク質は体のあらゆる細胞を作るための材料です。

そのため美肌作りには欠かせません。

ダイエットのために肉や魚を食べず野菜ばかり食べていると、タンパク質が不足してしまいきれいな肌が作られなくなってしまう恐れがあります。

また美肌に欠かせないコラーゲンもタンパク質からできているので、ハリのある肌を維持するためにもタンパク質は必須です。

タンパク質が豊富な食品
肉、魚、卵、乳製品(牛乳やチーズなど)、大豆製品(豆腐や納豆など)

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素です。

不足すると肌の基礎体力が落ちてしまい肌荒れの原因に繋がります。

特に肌のカサつきやシワで悩んでいるならビタミンAが不足している恐れがあります。

ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれていて、油と一緒に食べると吸収力がアップします。

ビタミンAが豊富な食品
鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、ニンジン、かぼちゃ、春菊、ほうれん草、かぼちゃ

ビタミンC

しみ、そばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑えてくれるのがビタミンCです。

肌の弾力を生むのに欠かせないコラーゲンの生成にも深く関わっています。

ビタミンCは一度にたくさん摂っても体が吸収できない分は排出されてしまうため、もしサプリメントなどで補給する時は小まめに摂るようにしましょう。

ビタミンCが豊富な食品
赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、かぶの葉、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマン、とうみょう、キウイ

<ご予約受付中♪(1次10/17頃)順次荷予定分>【フレアバックフリルボンディングパーカー(Dbm9)】フーディー フード トップス かわいい 秋冬 きれいめ レディース Myu 7980【メール便不可】10%

 

楽天で購入

 





JALパック

北海道
から沖縄離島までJALグループのネットワークをフルに活用して、多彩な国内ツアーをご用意しております。 【JALダイナミックパッケージ(往復航空券+宿泊)】は出発日の前日(23:59)まで予約可能!

 

フォローお願いします!
>